先日。

帰宅したジェフにプライベートで話があると言った息子ちゃん。


プライベートといった割に話が丸聞こえ。


なんか聞いてると、大学のクラスをやめるを見たいな話。


聞いてるとWriting のクラスで、Enjoyable 出ないとか、先生が自分のことを出来る生徒と見てか、課題に充分な時間をくれないから、Enjoyable 楽しく受講できない。


話聞いてると、なんかあなたは、楽しい事しに学校に行ってるんですかー?ちょっと考え甘いんちゃう?って感じなんですが。

あれー脚本家になるとか言ってなかった?

専攻をライターから、監督にかえるとか?


あなたのクソ高い授業料、ジェフが一生懸命働いて払っているのに、楽しくない?ほかの生徒と合わない?


後ほど

ジェフに聞いたら。


Honor コースはやめて普通になるらしい。


まず、授業の教室の位置が、次の授業の教室と離れていて移動が大変。


→授業の移動が大変は、よくある事。それでダッシュで頑張るのが大学生。だいたい学期ごとに変わるので少しの我慢と考えるべき。



課題で、他の生徒の方が優遇されている。


→と、感じるなら、教授と話しをすべき。フェアじゃないとか、言い訳する前にに、期日の短い課題をこなせない原因を考えて乗り切る。授業が楽しいものでなければならない必要はない。学びに行くのだから、楽しくない授業があって当然。という現実を受け止めてほしい。ま、高校でも勉強してなくてなんでもさらっと出来たから、勉強しなきゃと言う気持ちが起こらないのも無理ないけど、嫌な事を我慢して続けさせると言う、我慢の練習してないのが裏目に出たなと思うな。


映画専攻が、クラスに居なくて精神的に辛い。


→同士が居ない?精神的?授業に他人が関係あるか?多分、周りに自分よりずっと出来る人がいて、びっくりしてんのかな?自分は才能あると思っている息子ちゃん。世の中には才能だけでは食べてけないのよ。


では、Honor なら無料で海外へ交換留学出来るというのもパァでございますわ。


せっかくHonor で入る事が出来たのにそのチャンスをみすみす見逃してしまうのか?


楽しくないとか、他の生徒と馬が合わないとか、


私が親ならいい加減にしろ!

乗り越えてみろと、考え甘いと言ってやるけど、

あなたならできるよ!頑張れ!

って励ましてやらないと。と思うのだが、ジェフにしてみれば、


やっぱり無理か。


と思う見たいで、諦めるの早すぎ。


ま、人生で今まで、嫌なことやり通した経験がないこのヘナチョコな事だから、想定内。

できれば私の予想を反してくれる事を祈っていたのだが。


一応FINE ARTS の学校だからこそ、ただ勉強してって訳には行かない?


それでいて、高校から映画専門の学校に通っていたので、基本的なスピルバーグ的フィルムの作る運びを知ってるから、そんなスピルバーグ的フィルムは作りたくないと言うクラスメイトが、課題をこなさないので、心配だなんて。なんか自分が簡単に優越感感じられるクラスは、こんな調子だけど、話しを聞いてるとI feel bad と言う表現が、多すぎ。


はぁ?可哀想?


あなたも同じような事してんですけどねぇ。


呆れて物も言えん。😩☹






にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ところで、誕生日会で未奈のお友達をピックアップしてレストランに向かったのだが、ジェフの仕事の関係上、ジェフが、未奈の友達3名ピックアップして、私は、未奈と、息子ちんと、友達一名とでレストランに向かった。

 

話を聞いていると、映画の話になり、息子ちんは、自分が映画専攻であると言っていた。

そうするうちに、自分は、映画専攻の高校に行っていたということになり、先生の一人が、教鞭をやめ映画業界に戻ったといった。

 

彼は、照明関係の人で、勤務時間が、1日のシフトが、20時間だといってそれから...

 

僕は、そんな過酷なスケジュールが嫌だから脚本家になるんだ〜

 

なんて言ったんですが。

 

映画業界ってそもそもそんなに簡単に、好きな職業につけるのか?

 

おうよ〜脚本家になってくれよ〜。

 

なれるものなら、そんなに簡単にはなし得るのであれば。

脚本家の仕事は、9時5時なのか?

 

 

https://study.com/articles/How_to_Become_a_Professional_Writer_Step-by-Step_Career_Guide.html

 

Writer になりたいと言う彼。

ブロのWriter になるには、と言うページを見つけたが、本当になれるんだろうか?

 

このページを見ると、ほとんどのライターは、Self Employedと書いてあった。 いわゆるフリーランス。らしい。

 

アドバイスとしては、Rejection (拒絶)に慣れろである。酷評にも慣れろである。

 

マジ競争率激しい世界で、やってけるのか?

ガラスのハートを持った息子ちんに、果たして生存できるか?

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

水曜日は、息子ちゃん。


学校行かんかった。


夕食作って



超ウマウマのパスタ。

そしてちょうどジェフはスカイプで、講義中なので、私と息子ちゃんと2人きり。


なんで休んだの?


Mental day Off 


はー!?自分にメンタルで休みとる?

学校ごときで?


なんか中学校の時の彼女が、学科は違うけど同じ大学にいて、たまたまばったりあって、ちょっかい出してくる(?)


無視してたんだけど、向こうが、手紙をFacebookのメッセンジャーで送ってきて、どれだけ、息子ちゃんが、最低な彼氏だったと、なじられたらしい。😅


このアホ女もかなりの重症だ。


で、前日は授業も全然集中出来ず何もできないから、整理するためにも、3人の友人から、行くなと言われて、自分は、行きたかったけど休んだって、アンタ、バカじゃないの?

何言い訳してんの?


行きたかった、でも友達に止められた。

公共の場所で、パニックアタックになったらどうしよう!


で、家にいた。というわけ。


あゝ、この先NEET まっしぐらじゃないか?!


まぁ、中学校高校なら、よしよしって感じなんだろうけど、大学にもなって、こんな事でコケていてどうする?


三万ドルの授業料だぞ💵

これしきの事で、休む方がもったいないだろ〜⁉


やわやわ、ヘナチョコやで。


彼のメンタルは。



ま、今でも、毎日ジェフが、地下鉄の駅まで送り出してるんだけど。


ま、私も内心マジか〜⁉って感じだけど、話を聞いてあげた。


彼は、彼なりの論理で、物事を正当化しているけど、甘い!考え甘々や!


まず起こりえる「かも」の事の心配しすぎ。


当たって砕けろ!


ま、本人、それは精神病でどうにもならない見たいな態度だけど。


抗えよ!


なんか、口ばっかりで

何にもしてないじゃん。


君には出来る!頑張れ!









さて、新学期が始まり、子供たちの生活にリズムが出てきたと思いきや、ユダヤ教新年で、月曜日、火曜日は休み。

 

てな感じだったけど、大学は、ユダヤ教の新年なんて物ともせず、通常運転。

 

大学に進学した、息子ちゃん。

大学の、授業が始まる前の週は、オリエンテーションと称して、イベント三昧。流石私立。コメディアンがきてとか、映画上映とか、ビンゴとか、毎日毎日深夜遅くまで出歩いていた息子ちゃんであるが、

 

第1週目、毎日帰宅したら父親への弾丸トークで、ディスるディスる。

 

Hate this class 

このクラス大っ嫌い

 

Hate this teacher 

この先生大っ嫌い

 

Hate this curriculum 

このカリキュラム大っ嫌い

 

嫌い嫌い嫌い三昧で、3万ドルの授業料は、無駄だったのか?

 

あたかも彼にとって授業のレベルが低すぎ的なコメント。

 

Hate 嫌いと言う言葉は、早々使うべきではない。と、私は思う。

 

Hate と言えるくらい、物事に挽回のチャンスを与えてから、この好き嫌いの一番強い言葉は、使うべきだと思う。白黒はっきりさせてしまうこの言葉は、拒絶の壁をつくってしまうから。

 

なら、もっと上の大学に行けよ〜。

 

ジェフは、ただ単にクリティーク批判的なだけだよ〜って言うけど。

息子ちゃんよ・・・アンタは何様か? アンタは大学教授にでもなったのか?それくらい経験値が高くてディするくらい偉いのかい。

 

娘には、この単語HATEは

 

強い意味の言葉だわね〜。と使うたびに言う。

 

私的では、あるかもしれないけど、

 

「Hate」 

 

と言う言葉は、他人を直接、関節的に、傷つける言葉だと思う。

 

逆に、言っている本人の視野を狭めるものになるとも思う。

 

例えば、周りが、当の本人が、たった一度出てきた食べ物をHate this food  (これ食べ物大っ嫌い)て聞いたら、もうその人には、この食べ物は、将来本人が、自発的に食べたいというまで、その人には勧めないだろう。

 

その食べ物が、たまたますごく美味しくなかったと言うだけで、大っ嫌いとラベルを貼ってしまうのは、これからもしかしたらすごく美味しく調理できるその専門店が、あったとしても、その人には、その選択肢が、すでになくなっているの。

 

Give them an another chance くらい子供に言えよ!ジェフ。

 

あなたは、3万ドルの授業料を払って受けてる授業のありがたみもしない息子のディスりを少し説教すべき。

 

 

意味もなくHate を使ってると思うなら、そのくせなおさせた方がいいわよ。

人間関係誤解を招きやすい言葉だから。

 

将来息子ちゃんは、物書きになりたいといっていたけど、こんなClose Mindで何が書けるの?

 

人との関係ってデリケートなものだから、「こいつネガティブな奴」とラベル貼られたら人から避けられるわよ・・・

(私だってジェフの息子じゃなければ避けたい陰の人)

 

ま、とりあえず毎日自分で学校には行ってるが。

 

毎日がドラマ(劇的)だねぇ・・・

本人は友達がドラマ一杯で、なんていうけど、私にとっては彼がドラマで一杯だよ・・・。唖然。

 

合掌!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

 

やれやれ


我が家の息子ちゃんが無事高校を卒業しました。


入学した年はかなり欠席が、多かったので大丈夫か?と心配したけど、結局ほぼ毎日ジェフが車で学校まで送って行ったから、学校からは、遅刻もないといから素晴らしいというAuto メールを頂戴しては複雑な気分ではございましたが、終わりましたよ。義務教育!


ま、この学校は映画専門学校だったので、卒業生は、130人位。とても小さな学校です。

この学校に入るには、「運」が必要というか、入れたのは、ラッキー🤞。とは言え、ジェフママの友人が、学校の創設に関わったかなんかで、口添えしてもらったかも。

でも一年目は、つまらないとか言って学校は、かなり休んだし。ま、とりあえず卒業できて、大学も決まったし。


卒業式は、チケット制で、彼のステップファミリー家族が、行けるよう配慮しましたので、私は行けなかったんだけど。私は、私で仕事があったんで。ご飯だけご一緒させてもらいました。


Rincon Criollo というキューバ🇨🇺料理のお店。普通は、予約取ってないのだけど、息子ちんの、ノースカロライナの家族が、知り合いで写真が、壁に掛かっている位なので、大きなテーブルを用意してもらいました。









料理は、とても美味しかったです。

サングリアが飲みやすくて、美味しかった。


ノースカロライナの家族に会うのは久しぶり。去年の2月ぶり。

みんな子供達は、大きくなってたわ。


大きくなったはというと、息子ちゃん、

高校卒業したからって、レストランで、堂々とサングリアをガブガブ飲むのは、どうかと。

それを許す親も、どうかと。

そしてやってきた友達にもふるまうのもどうかと思う。


ちょっと味見に、の域を超えていたよ。


ここは、レストラン、おおっぴらに飲むのはやめてください。


最後には、ジェフママに、飲みすぎじゃないの?と言われてましたけど。


ジェフは、

「あいつガタイが、でかいので沢山飲んでも大丈夫だよー」ってちょっと無責任だと思う。


最近、何かとパーティあると聞いたら来たがるのは、酒を飲むチャンスだからか?


ともかく。

End Products アル中ヤク中の慣れ果てを知っている未奈は勧められても飲まない。


彼女自身とても慎重。


精神科に通ってる人にお酒は微妙だと思うんだけど。


ま、とにかく卒業おめでとう🎓㊗


NEET にならないよう頑張ってください🎉



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

で、結局。息子ちゃんの進路なのだが。

 

結局彼の本命?はWait List 誰かが、辞退したら、もしかしたら入れるかも。というやつ。

これが普通科の大学なら補欠で入れたかもといって喜べるんだろうけど、こういうとても少人数の枠のものは難しい。

 

映画学部の大学は結局のところ、

一つはすぐにRejected

一つはすぐに合格 (私立NYC内にある、営利目的大学。オーナープログラムで年間9千ドルの授業料免除。

年間の通常授業料は約4万ドル弱。奨学金をもらっても州大の授業料に比べても全然高いんで・・・。)

一つは、出願が不完全。(前回の日記

二つはWait List (一つはSUNYで、一つはNCの州立大)

 

映画関係でないところは一応CUNYで大学は受かったようだけど。

 

結局。私立の大学にしたそうだ。

ま、他の大学はすべて映画学科のランキングでトップ20に入る大学ばっかりだったけど、

ここは何故かいい学校と言われる割にはランキングにはかすらない大学なので、不思議だけど。

 

あと4年。息子ちゃんはNYCに大学に行くということは、うちに最高4年は住むという事・・・。

もしかしたら、未奈の方が先に家から旅立っていくんじゃないかしら・・・?

 

ま、結果は、すべての大学にすっかり入れるもんだと思って会話していたジェフと息子ちゃんの予想を大幅に下回ったわけだけど。

出願に対して、100%の努力をしていないので後悔が残るのか、しばらくイジケていた息子ちゃんではあるけど。

 

私としては結果が私が想像していたよりはマシだったけど、

とりあえず、自分が入りたいと思ったところに行けるのはいいのではないでしょうかね。一応大学合格者の日っていうのがあって、それに行ってきた息子ちゃんとジェフは、プログラムをみて大変満足らしい。

ま、私立なんで、学費ローンの返済が大変だろうけど・・・。

 

果たして、美大に行くわけなんだけど、彼にこのクリエイティブに自分で作品をドンドンプロデュースしていかなければいけないのについていけるのか?というのが私の心配。

 

なんだかんだ言っても心配です。が、本人が行くって決めたんだったら、責任持ってくださいよね。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

木曜日の夕方、郵便受に入ってたのは、息子ちゃんが、出願していた学校からの手紙だった。

ニューヨーク州のアップステートにあるこの大学は、映画学部は、結構定評ある学校で、ジェフと息子ちゃん、わざわざキャンパス見に出かけて行ったのだけど。

 

息子ちゃんは、水曜日からノースカロライナへ春休みで、行ってしまってたので、手紙をジェフに手渡した。

彼はこの学校は、息子ちゃんの本命の学校ではないけど、もし本命が、ダメならいかせようとか、多額な奨学金が、出たら行かせるかもなんて言ってた。

 

 

 

結果は😐

 

出願が、不完全で選考にかけられません。

だって😕

 

息子ちゃんに連絡して、出願状況を大学のサイトで確認したら、成績表が、未提出だったらしい。

 

結局、彼の学校のシステムが成績表を大学に送ったのだけど、高校側は、送った形跡あるけど、大学側は、受け取ってないと。

 

高校の校長が、連絡取ってくれたけど、最終的には結局、大学側も、出願状況をサイトで確認して下さいメールを出しているので、確認してない生徒の所為だとか。

 

ま、確かに、本当に行きたい大学だったら、チェックするよな。向こうがちゃんと受け取ってるかどうか。

 

もしかしたら、大学側は、出願者を本当にこの大学に来たのかどうかを試すためかもしれない。

 

結局、他人任せで、信じてたのに。なんて言ってもさ。

 

結局、成績表は、受理されたけど、映画学部は、選考終わっているので、入れるチャンスは、ほぼ無いけど、普通科の選考で、入れれば、翌年編入可能かも、だって。

 

情け無い結果である。

 

彼は、こんなんばっかなんでしょうか?

 

真っ先に落ちたとかもそうだけど、

ここも、楽勝で入れるような感じで、話してましたよね?

 

あんまりにもお粗末な、結果に私は、唖然でございます。

 

だいたい、彼が出願しているのは、芸術的なもので、少人数制のプログラムばかり。

狭き門を、学校でグループで作った課題だけで、その情熱が伝わるだろうか?

 

うーん。

 

とにかく・・・いい結果がでますように。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村

ノースカロライナへ大学の面接に出かけて、

面接はすっごく上手くいった〜!と言って帰ってきたのだが・・・。

 

ジェフは大学からの通知はもうすぐ来るといって、すっかり受かった気分でいたんだけど。

なんでも、結果はもし不合格ならEメールなしで不合格の紙の手紙が来るらしいのだが、

どうやらE-mailが来てたそうで、なんとか不合格ではないよう・・・。と、すっかり上機嫌だったんだけど、

 

 

どうやら、そのメールの添付していた手紙のヘッドラインが、Deferred Decision(遅延決定)ということで。

 

まだ結果はわからんという事や。

 

ま、不合格ではないということだけど、現在の時点で、再度検討のカテゴリーに入ってるわけなんだけど。


 

今更ながら息子ちゃんはノースカロライナの方に真面目に行きたいみたい。

 

そしてそのDeferredの事がわかった当日。

家に帰ってきたら、何やら息子ちゃん。新しい機材が・・・。先日楽器屋で欲しいな〜と言っていた品物が。

 

まったく・・・また甘やかしてんじゃないわよ。

 

ちょっと落ち込んだからってさ、また飴玉与えてさ。

 

まずは、落ちた時の事を考えて、最初っから受かると思って有頂天にならないように、結果を待とうね〜ぐらいで対応すればいいのにあたかも合格したかのように、対応するから、へなちょこな息子になっていくんじゃないかい?

 

じっと我慢させて合格したら、頑張ったRewardとして飴玉あげないと、落ち込んだらなんでも手に入ると、思考が無意識に学習するじゃないですかいな・・・。

 

その代わりSVAは、Higt Honorのクラスに入れますよという手紙が来たらしい。

 

ホント。この息子ちゃんは大丈夫なのか???

 

ああ・・・ノースカロライナの方受かってくれてるといいんだけど・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

iPhoneImage.png

水曜日の夕方は、華氏77度!(摂氏25度)5月並みの陽気ですよ・・・。

 

で翌日は44度。

 

マジ。暑い! 

 

今日は朝は晴れてたんだけど乗馬レッスンなかった・・・。

 

来週はDiakoniaのRetreatあるからいけないし・・・。

 

今週は朗報が。息子ちゃんが出願していた一つのSchool Of Visual Artsから受かったと連絡。とにかくどっか行けるところができてよかった。

 

NCのUNCSAに土曜日に面接があるのでジェフと息子ちゃんは木曜日からNC向かったので、夕飯当番になってしまった・・・。

 

出来ればこの学校に行ってくれると財政的にも良いんだけどねぇ・・・。

 

受かる事を祈りつつ!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

はてさて、うちの息子ちゃんも、高校は、シニア。大学出願の年。

 

留学生は、めでたく私立の美大に一応受かっていて、州大にも出願していて、そちらが受かれば授業料が、安いのでそちらに行く予定らしい。彼女は、 去年の夏休み中、提出の課題頑張って作製していたし。SAT と、通常の出願では、難しいと感じていたのか、デザイン系で、出願していたから、計画性は、あったわよねー。おめでとう㊗

 

で、息子ちゃん。夏休みに提出用の課題は、ちっとも進んでいなくて、先日やっと全ての出願が、終わった。ということで。

 

ま、出願終わってなくても、映画専攻で、大学を探してたから、私は少し心配。

映画専攻学部で、しかも、Bachelor of Fine Art に行きたいらしくて、ガチで、この怠け者君が、過酷なコースに行けるのだろうか?という心配なのだけど。

 

出願前は、あたかも何処の映画専攻学科でも入れそうな感じで、ジェフも息子ちゃんも話をしていて、特に、ジェフは、問題無く入れる!みたいな感じでいつも話をしていたので、私の心配は、

 

実際、行きたいところ受からなくて、どんな対応するのかが心配、な私。

 

で、まず出願後、まず、一校返事が今日来たらしく。結果は、

 

桜散る。(まだ季節じゃないけど)

 

でした。

 

しかも、その映画専攻学部では、この辺りでは、かなりいい線行っているとかで、州大なので授業料も安いし、郊外の学校だけど、遠くないし。ここに行ってくれたら〜〜と、ジェフは、思っていたに違いない。

 

が、あっさり、Rejected でした。

 

やっぱ、そうそう簡単に行かないんだな〜。

 

他が、受かればいいけど。

 

幸先怪しいかも。

 

鬼才の天才なら、もっと情熱を感じさせてください。

 

そんなの感じられない彼に、ほんと受かる大学ってあるのかしら🤔

 

 

この大学のこといけしゃあしゃあと、軽々受かる見たいな、感じで、この大学の一年目のプロジェクトは、フィルムで、映画を撮るから、お金がかかるよねー。とかあたかも、この大学に行くみたいに言ってたけど。

 

思い上がりもいいとこ?ってとこなんでしょうかね?

 

でも、なんで落ちたんだろ?

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログ・ランキング参加中

ブログ村のランキングに参加してます。
読んでバナーを押していただけると幸いです。
あなたの1票が毎日の励みになってます〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


メールにてご連絡してくれる方はmissyplace.newyorkあっとまーくgmail.comまで

UNIQLO カレンダー

ブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM